デリケートゾーン 臭い

汚れは残さない

デリケートゾーンのニオイのもとは、汗!アポクリン汗腺から出る汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じってしまい、それを皮膚常在菌が分解することでニオイが発生してしまうのです。なので、ニオイを軽減させるには、汗をこまめに拭いてあげることが大切です。
夏等の季節、運動をした後などの汗の出やすい時は、タオルやウェットティッシュなどを持ち歩き、少しでも多くニオイのもとを取るようにするとよいでしょう。

 

デオドランド製品を使う

デリケートゾーンのニオイが気になる場合は、デオドラント製品を併用が効果的。
陰部はとっても敏感な部位!だからデリケートゾーン用など、肌にやさしいものを選ぶことがポイントです。
なお、顔と同様、陰部も人によって肌質が異なるので、敏感肌・乾燥肌の方は事前にパッチテストがおすすめ。
また、尿や生理の経血、おりものは、ニオイをさらに強くします。
尿や経血などを栄養にして雑菌が繁殖し、より強いニオイを発生してしまいます。
トイレに行ったら、ビデできれいに洗い流し、ニオイのもとを取り除くとよいですね。
ただ、洗いすぎには注意が必要です。
外出の際など、ビデの使えないところでは、デリケートゾーン用のシートで拭いてあげると効果的です。
生理用ナプキンやおりものシートも、長時間放っておくと蒸れてニオイがこもってしまいます。
マメに交換してくださいね

 

デリケートゾーンの洗い方も注意

一日の汚れをそのままにしてしまうのは、デリケートゾーンのニオイを悪化させてしまいます。
お肌にやさしいデリケートゾーン用石けんで、陰部を毎日清潔に洗ってください。洗う際は、ソープをたっぷり泡立て、指の腹でやさしく丁寧に洗ってください。
洗いすぎて炎症を起こして肌を守る常在菌が少なくなると、デリケートゾーンのニオイの原因である雑菌が繁殖してしまい、かえってニオイが悪化してしまうので注意です!

 

食生活を見直す

食生活もニオイに影響します。動物性タンパク質を多く摂取すると、体臭が強くなります。
欧米人にわきが体質の人が多いのは、そういった食生活が影響しているともいわれていますね。
食生活の欧米化により、日本人にもわきが体質の人が増えてきました。
わきが体質の人で、肉類や卵、乳製品といった動物性タンパク質をよく摂る人は要注意!なるべく、魚や野菜を中心とした食事を心がけましょう。
ニンニクや唐辛子などの香辛料やアルコールなども、発汗を促すことでニオイの原因に!
動物性タンパク質と同様、摂取を控えることでニオイを減らすことができますよ!